キャッシングと在籍確認

キャッシングにおける在籍確認の方法

急な出費にキャッシングを考えた時に、気になることの1つに「在籍確認」があると思います。特に、勤務先への在籍確認は、キャッシングを利用することが職場にバレるのではないか……と心配になるのは当然でしょう。そこで、在籍確認の方法や在籍確認が必要ないキャッシングについて調べてみました。

 

 

キャッシングを利用する方が申込者に記載した勤務先に本当に勤めているかどうかを確認する在籍確認は、キャッシング審査の上では避けて通れません。しかし、誰でもキャッシングを利用しているなんて勤務先には知られたくないはずです。そのように感じていらっしゃる方は安心してください。

 

どのキャッシング会社でも「A消費者金融系キャッシング会社の○○ですが……◇◇さんいらっしゃいますか?」と電話してくることは絶対にありません。なぜなら、そもそも消費者金融系や信販系のキャッシング会社を規制している貸金業法の条文に「契約者以外の第三者に契約の事実を知らせてはならない」と定められています。

 

それに、利用者に不親切な心無いキャッシング会社は、利用者が減るのは目に見えていますから、絶対にないのです。通常、会社名は出さずに、担当者の個人名で「○○ですが……◇◇さんいらっしゃいますか?」と電話してきます。

 

過去には「□□損保の◯◯といいますが」と虚偽の会社名を出したり、申込者に設定してもらった名前を名乗るなどのナリスマシや偽名を使ったこともありましたが、現在ではこれらの行為は法律で禁止されています。また、在籍確認のための電話の際に、必ずしも申し込みをした方が電話口に出なければならないわけでもありません。

 

例えば、「ただ今外出中です」や「ほかの電話に出ています」などの対応があった場合でも、勤務先に勤めていることが確認できるのでOKです。在籍確認の電話がかかってくるまで、心配しながら今か今かと待っている必要はないのです。

 

たとえ、電話に出た方が「折り返し、こちらから電話します」「おことづけは?」などと応対した場合でも、「今、出先ですので、またこちらからかけます」のように臨機応変に対処してくれます。さらに、申込者が希望すれば、在籍確認に都合のいい時間帯を指定することができるキャッシング会社もありますし、電話機についているナンバーディスプレイが心配な方には、携帯電話で電話してくれたりもします。

どうしても電話による在籍確認ができない場合

とはいえ、個人名を名のったり希望の時間帯にかけるとしても、やっぱり勤務先に電話されるのは困る方もいらっしゃいます。そのような方には、申し込みの際に理由を説明して「やむを得ない事情」と判断されれば他の方法に代えることができるキャッシング会社もあります。

 

「やむを得ない事情」とは、例えば、工場のラインに入っていて通常は個人あてに電話がくることはあり得ないから不信に思われてしまう場合だったり、勤務先の電話対応が「○○さんはいらっしゃいますか?」に対して「個人情報保護の観点から、お答えできません」と対応するよう定まっているような場合です。

 

そのような場合には、勤務先の社員証、在籍証明書、給料明細書などのいくつかを提出することで在籍確認の代わりとしてくれるキャッシング会社もあるようです。ただし、通常の電話による在籍確認がとれなかったことが理由で、融資限度額を下げて2〜3ヵ月返済状況を見てから正式な融資限度額が設定されるケースもあり得ます。

在籍確認=借入れOK?

在籍確認は、通常、審査の最後です。なぜなら、利用者は審査に通らないかもしれないのに在籍確認の電話はやめてほしいと思うでしょうし、担当者もしなくてもよい手間はできるだけ避けるからです。そこで、あとは在籍確認さえ取れればOKという段階になって在籍確認を行うことが一般的です。

 

ここで一つ注意したいのが、勤務先が大規模な会社や工場にお勤めの場合で、在籍確認がなかなか取れないことがあるのです。通常、一度の電話で確認が取れなくても、再度違うタイミングで電話をかけたり、先ほどのような代替措置の書類の提出で確認したりしますが、大規模な会社に勤めている方は、自分の在籍確認が確実にとれる詳細な所属部署の記入や、あれば直通の電話番号を記載して、確かに在籍確認が取れるようにしておくことをおすすめします。

 

ともあれ、最近では、消費者金融系のキャッシング会社でも、プライバシー保護や個人情報保護についてかなり注意しています。在籍確認についてはあまり心配なさらなくて大丈夫です。

 

低金利キャッシング※おすすめの銀行・消費者金融一覧トップページに戻る