低金利キャッシング

おすすめの低金利キャッシング消費者金融ランキング

当サイトでおすすめする消費者金融のランキングになります。どの業者も大手でCM等でも有名なところばかりなので安心して利用することが可能です。またどの業者も即日融資が可能なので急ぎの方などはしっかりとオフィシャルページを確認してご自身に合った最適な業者を選んでくださいね。

 

プロミス

 

大手の消費者金融キャッシングの中で、実質年率の上限が17.8%と最も低い水準を実現しているのがプロミスです。利用限度額も500万円までと大きい額にも対応しています。三井住友銀行グループなので安心して利用できるだけでなく、低金利なのに条件も好条件なところが人気の理由です。初めて利用の場合にはポイントサービス利用で30日間無利息サービスを受けられます即日融資が可能でポイントサービス利用で30日間無利息、上限金利も消費者金融で最も低い水準を実現していることから、お急ぎで低金利キャッシング希望の方におすすめのキャシングサービスです。

 

詳細はコチラ

 

モビット

 

モビットの人気の理由は、WEB完結申込を利用すればネットとメールだけで手続きが完了してしまうという手軽さです。しかも、電話での連絡もなく、契約書類などの郵送物も一切ないので、安心して利用することができるのが特徴です。実質年率4.8%〜18.0%と低金利なことに加え、他社にはないサービスを展開しているのが人気です。

 

詳細はコチラ

 

アコム

 

実質年率4.7%〜18.0%とこちらも低金利。インターネットからの申し込みであれば、来店不要で即日融資を受けることができます。郵送物が届かないように指定することができるなど、柔軟に対応してくれるところが特徴です。はじめてキャッシングを利用する方におすすめのキャッシングと言えます。

 

詳細はコチラ

 

おすすめの低金利キャッシング銀行ランキング

銀行キャッシングでも特に人気が高く評判の高い業者をランキング化しました。
銀行でキャッシングをしたいけど、どこにしようか迷っているという方は是非当ランキングをご利用下さい。

 

オリックス銀行カードローン

 

金利は業界最低水準の3.0%〜17.8%!利用限度額も800万円までと超ゆとりある低金利カードローンです。おまとめや借り換えにぴったりですね。口座の開設が不要で、来店する必要もなく、審査は最短即日回答という早めの対応が人気の理由です。借入額が300万円以内であれば、所得証明書類の提出が不要なのもポイント!

 

詳細はコチラ

 

レイク

 

実質年率が4.5%〜18.0%となっています。来店不要で審査が完了し、その日のうちに融資を受けることができます。初めて利用する人であれば、30日間無利息で利用することができます。コンビニのATMでの借入や返済の手数料が無料で利用できます。即日融資が可能で、更には30日無利息の期間があることから少額融資ご希望の方にとっておすすめの低金利キャシングと言えます。

 

詳細はコチラ

 

 

消費者金融の低金利キャッシング、メリットデメリット

消費者金融は早くて便利

消費者金融のキャッシングを比較してみると、総量規制で定められている範囲ですが金利は各社異なります。お金を借り入れるのであれば、少しでも低金利で利用する方が良いでしょう。数パーセントの差であったとしても、まとまった金額の借り入れになればなるほど負担する金額の差が大きくなってきてしまいます。

 

キャッシングを利用するのであれば、金利にこだわってください。低金利であれば、毎月の返済額も減らせますし、元金の返済の割合が増やせるので、返済が長期化することが少なくなります。

 

上手にキャッシングを利用するために、消費者金融キャッシングのメリットやデメリットについて紹介していきたいと思います。特徴を知った上で、ぜひ上手に活用していきましょう。

 

まず、キャッシングのメリットについてです。消費者金融キャッシングの最大の特徴は、融資にいたるまでの手続きがスピーディーであることです。たいていのところは、申し込みをしたその日に融資を受けることができます。融資を受けるまでの手続きにおいても、とても簡略化されてきているので、ウェブでのやり取りだけで完結してしまいます。

 

自動契約機などので人の目が気になって利用しにくいと感じている人や、忙しくて足を運んでいる時間がないという人にとって非常に便利です。携帯やスマホからの申し込みも可能で、24時間受付をしてくれます。また、担保や保証人の必要もないので、利用しやすいという利便性もあります。

 

審査においても、銀行カードローンに比べると比較的審査がスピーディーなところも多いので、初心者の人には利用しやすいと評判です。初めて利用する場合に、無利息サービスを受けられるところもあるのでおトクです。昔は消費者金融キャッシングのイメージがあまり良くなかったのですが、最近の消費者金融はメガバンクの傘下に入っているところが多いので安心して利用できるのも魅力です。

 

一方のデメリットはというと、比較的金利が高めに設定されているという点です。スピード感やが柔軟などの利便性が高い分、金利がお高めになっているようです。そのため、返済が長期化してしまうこともあります。

 

メリットにならない人もいるかもしれませんが、総量規制の対象になっているという点も見逃せません。総量規制によって、年収の3分の1までしかお金を借りることができません。それを超えてしまうと貸した側が罰せられるので、他社からの借り入れの総額が年収の3分の1を超えることもできません。年収による利用限度額が有るという点は、人によっては痛いデメリットかもしれません。

 

また、専業主婦の人が利用する際には、総量規制によって書類の提出が義務づけられています。例えば、配偶者の同意書や配偶者との婚姻関係が証明できる書類が必要になります。そのため、旦那様に内緒で借り入れをすることが不可能です。密かにお金を工面したいと考えていた専業主婦の人にとっては、非常にデメリットになってしまうでしょう。

 

低金利キャッシング※おすすめの銀行・消費者金融一覧トップに戻る


銀行の低金利キャッシング、メリットデメリット

銀行はいっぱい借りれる

銀行のキャッシングと消費者金融のキャッシングとの大きな違いは、総量規制の対象になるかどうかという点です。総量規制は貸金業が対象となっているために、銀行業である銀行キャッシングにおいては総量規制の対象外となっています。そのために、消費者金融キャッシングよりも融通がきくことも多く人気があります。

 

ただ銀行の低金利キャッシングには、メリットだけでなくデメリットになることもあるので、銀行キャッシングのメリットデメリットについてみていきたいと思います。

 

銀行キャッシングの最大のメリットは、総量規制の対象外なので、年収による利用額の制限が設けられていないという点です。総量規制では、年収の3分の1までの額しか借り入れができないと決められているのですが、それがないためにまとまった金額を借り入れすることが可能です。利用限度額は各社設定されている金額がまちまちですが、多いところだと800万円と設定しているところもあります。

 

大きな額の借り入れが可能なために、おまとめローンに利用する人も増えています。おまとめとは、複数社で利用しているローンを1社にまとめることで返済負担を軽減させることができるものです。複数のローンをまとめるので、利用限度額の大きいところのキャッシングを利用するのが得策です。

 

おまとめローンを利用するには、利息も重要なポイントです。おまとめローンでは、今まで利用してきたキャッシングの利息よりも低いところに借り換えることで、利息分負担を減らすことができます。銀行キャッシングであれば、金利も低めに設定されていることが多いので、おまとめローンに最適です。

 

また、おまとめローンだけでなく、通常のキャッシングの利用においても金利の低いところで借り入れをすることで返済への負担を軽減することができるので大切なことです。

 

銀行キャッシングではデメリットなんてないように思われますが、多少デメリットも存在しています。銀行キャッシングは、低金利で利用限度額の幅も大きく利便性が高い分、審査が柔軟というわけにはいかないこともあります。低金利でまとまった金額の貸し出しをする側としては、それなりにしっかりと見極める必要があるからでしょう。

 

厳密な審査基準は公開されていませんが、安定した収入があることや勤続年数などの属性がかなり左右してくるようです。審査時間も消費者金融キャッシングのように最速で・・・というわけにはいかないこともあります。最近では最短即日融資が可能という商品が登場してきていますが、審査回答までに少し時間がかかるのがデメリットになるかもしれません。

 

キャッシング会社によっては、申し込みの段階で年収いくら以上という制限を設けているところがあります。事前に確認の上、申し込みをするようにしましょう。申込書の記入などわりと手間がかかるものなので、ムダになってしまっては損ですよ。

 

また、万が一何らかの事情で返済を怠ってしまった場合には、法的処置にて回収をされることがあります。利用するからには返済し忘れなどがないようにしましょう。

 

低金利キャッシング※おすすめの銀行・消費者金融一覧トップに戻る


低金利キャッシングで気をつけることとは?

キャッシングは借りすぎにご注意

低金利キャッシングは、低金利でないところで利用するよりも負担が軽減できるのでとてもおすすめです。でも利用する際には、気をつけなければいけないこともあります。

 

低金利キャッシングは、携帯やスマホからいつでも申し込みができるという利便性もあって使いやすく、さらに利息が少なくてすむので借りすぎてしまう・・・という危険性があります。いくら低金利だからといっても、借金は借金です。必ず返済をしなければならず、返済額には利息分も支払う必要があります。

 

低金利にすることで毎月の負担は軽くなりますが、キャッシングを使いすぎてしまうと、結果多重債務者になってしまうこともあります。使い過ぎには充分気をつけましょう。

 

低金利キャッシングでは、利息がゼロというわけではありません。通常利息が表示されている時に、下限金利から上限金利までが表記されています。これが落とし穴になることもあります。小額での借り入れの場合は、たいてい上限の利率が採用されます。下限金利ばかりを見て「低金利」と判断するのは危険です。必ず上限金利で比較をして決めましょう。

 

消費者金融の低金利キャッシングの場合は、総量規制に気をつけなければいけません。年収の3分の1までの額しか借り入れができないので、すでにその額までの借り入れをしてしまっている場合には、新たに借り入れを申し込むことができません。また専業主婦の方が消費者金融で借り入れをしたい時には、手続きが面倒になります。旦那様には内緒で借り入れをするのは厳しいということも覚えておきましょう。

 

何らかの事情でお金に困っている時は、何社か申し込みをすればどこかが貸してくれるだろう・・・と思ってしまいがちです。焦っていても、同時に複数社に申し込みをするのは避けましょう。それだけで審査に通らない可能性があります。同時に申し込みをしていることは申告しなくても信用情報機関の情報で知られてしまうのですが、よほどお金に困っていると思われてしまい返済能力がないと見なされてしまいます。

 

そのために審査では不利になってしまうので損です。1社申し込みをしたのなら、3ヶ月以上してから他社への申し込みをするようにしましょう。

 

信用情報機関では、貸金業者などの中で個人のお金の貸借りの情報を共有しているものです。1日でも返済の遅延をしてしまうと、遅延情報が信用情報機関に載ってしまいます。さらに3ヶ月返済をしないでいるとブラックリストになってしまいます。次にキャッシングをしようとしても、信用情報機関に記録が残っていると審査に通らなくなってしまいます。キャッシングを利用した際には、返済に遅れないように気をつけましょう。

 

おまとめローンで低金利キャッシングを利用したいと考えている人は、今まで借り入れしてきたところの利息よりも低いところを利用するようにしましょう。そうでなければ返済の負担が軽減されず、おまとめローンの意味がありません。また借金の合計が利用限度額内におさまるように、利用限度額の大きいところを利用するのもポイントです。

 

低金利キャッシング※おすすめの銀行・消費者金融一覧トップに戻る